経営アドバイス・コーナー

経営理念

事務所の経営理念について

税理士法人 表征史合同税理士事務所 は次の三つを“願い”とします。

・お客様の税務の法的防衛に貢献する。

・お客様の企業の防衛、生計の防衛に貢献する。

・よって地域社会に貢献する。

税理士法人 表征史合同税理士事務所の

基本方針

~事務所の存在の意義~ 役立ちの三原則

一、社会への役立ち
私たちは、租税主義の実現、お客様の事業の成長発展に寄与し、
国家社会に貢献します。

二、お客様への役立ち
私たちは、『お客様の企業防衛、生計防衛』の信念のもとに、
事務所の全能力を結集し、業務を通して貢献します。

三、事務所への役立ち
私たちは、人格形成の場として、相互の自己啓発と練磨により、
実りある人生と豊かな生活を築き、事務所の向上に貢献します。

◆表征史のこだわり

人を知る
「企業は人なり、人は心なり」私たちの基本理念です。
不確実の時代、創造性の時代といわれております。この激変する環境に適合して企業は存続しつづけなければなりません。経営者に与えられた経営資源「人、物、金」は限られております。
しかし「人」のもつ能力は無限です。正しい人間観、社会観、企業観、金銭観を認識する心とそこから産み出される使命感、責任感、貢献意欲の発揮において「人」のもつ能力は無限です。
「企業は人なり、人は心なり」とはその事ではないでしょうか。
税理士法人 表征史合同税理士事務所で働く私たちは、これらの課題にこだわりつつ、お客様の事業、企業そして家庭の永続的継承発展に役立つ事を使命とします。

誠実を極める
「いつわりなく妥協せず」私たちの想いです。
経営する人、働く人の心と行動は企業行動力として財務諸表に表示されます。企業の進むべき道は、法の遵守、真実の会計報告とそれに対する深い分析能力と企業環境への鋭い先見力とにより初めて保証されます。
さらに成長する企業の原動力は、誤った企業観「利念」からではなく、正しい「理念」から生まれます。

永続を願う
「企業の安定と永続」私たちの使命です。
企業は、日々の経済活動、取引の中で多くの企業リスクを背負いつつ間断のない意思決定を行っております。
私たちは日々の取引に専門家として深い洞察力を発揮し、正しい会計情報を速やかに提供し、誤りのない意志決定に役立たせ、かつ企業を法的、人的、物的リスクから防衛するため、積極的な助言、提案をする事を使命とします。